代表理事挨拶

代表
代表

~私たちと一緒に明日の水環境を創造していきましょう!~ 

 私たちは水に囲まれて生活し、水なしでは生きていくことはできません。毎日使うキレイな水は水道の蛇口をひねれば出てきます、使って汚れた水は下水道へ流れていきます。このように水道・下水道が機能しているおかげで快適な生活を送り、良好な水環境を保つことができます。この水道・下水道は「あって当り前、きちんと動いて当り前の施設」です。でもそのためには毎日、地道な作業が必要です。しかし私たちは、このことを意識することはほとんどありません。

私たちの周りの川や海、雨水もすべて同じ水です。この水は私たちの周りを循環しています。水環境を良好に保つには水循環を保つことが基本となります。では水循環を保つためにはどうしたらいいのでしょうか?

「下水道のおはなし」の活動を通じて、子どもたちが気付いてくれた水循環や下水道への興味・関心が家族など周りの人に拡大することで、多くの方に正しく水を使っていただくことに繋がりました。

まずは皆さんに水循環を考えていただきたい、気付きを持って頂く場として厚木のミュージアムを提供します。ミュージアムを通して水循環を体験することで水道、下水道を正しく知り、身近に感じてもらい、それをきっかけに水環境に優しい利用者(水環境ステークホルダー)としてキレイな水循環の増進につなげてくれる人が少しでもでも増え、美しい生活環境が次世代に残ることをめざして、水環境の広報を促進することを決意し、特定非営利活動法人(NPO法人水環境広報促進会議)を設立しました。

私たちと一緒に明日の水環境を創造していきましょう!

                                               NPO法人水環境広報促進会議

                                               代表理事 長谷川 健司